全身脱毛の解説

全身脱毛は危険ってホント?気をつけるポイントとは?

更新日:

全身脱毛は危険ってホントの画像
全身脱毛の危険性を高めてしまうのが「乾燥肌や体調が悪い時」です。
全身脱毛を受ける方の肌質は十人十色。そのため確実に安全とは言いきれず、かならず肌トラブルがおこらないとは限りません!

最近の医療脱毛や脱毛サロンは、最新の脱毛マシンを導入するなど昔と比べると安全性が高くなっています。料金も安いことから「全身脱毛をしてみたい!」って方も多いのではないでしょうか?

全身脱毛をするとどんな肌トラブルがおこるのか、どんな危険があるのかを知っておくことで、トラブルから回避できます。

全身脱毛は危険?おこりやすい肌トラブルとは?

全身脱毛がすべての人に危険とは限りませんが、少なからず肌トラブルとなってしまうこともあります。どんな症状をおこしやすいのでしょうか。

痛みやかゆみ

一番、肌トラブルで多い症状です。医療脱毛も脱毛サロンも特殊な光を毛のメラニン色素に反応させダメージを与えます。毛が太くて黒い部分はとくに痛みを感じやすく、施術後はかゆみを感じやすくなります。

とくにVIOや顔などは他よりも皮膚が薄いため痛みを強く感じます。

埋没毛

埋没毛は毛穴がふさがってしまったことで、毛が肌表面に成長できず皮膚下で成長してしまうトラブルです。原因の1つに「自己処理」があります。

全身脱毛をする前にシェービングをするようにいわれるのですが、カミソリや毛抜きを使うことで肌を傷つけてしまいます。傷ついた肌は外部刺激から守るため固くなり埋没毛のトラブルをおこしやすくなります。

事前処理は電気シェーバーを使い、肌ダメージをあたえないようにしましょう。

毛嚢炎

脱毛をすることで一時的に肌バリア機能が弱くなります。外部刺激から肌を守る常在菌がいなくなるため、毛包に細菌が侵入しやすくなります。

細菌が毛包に侵入したことによる炎症を毛嚢炎といいます。細菌は肌が弱ったときに集まりやすくなるため、脱毛直後に毛嚢炎がおこりやすくなります。

硬毛化・増毛化

「硬毛化」とは毛が固くなった状態のこと、「増毛化」とは毛が増える状態のことをいいます。

全身脱毛をすることで毛質をやわらかくし、次第に毛の量が減っていきます。ですが硬毛化・増毛化はまったく逆の効果をあたえてしまいます。このような現象がおこる原因は、科学的に証明されていません。

しかし、共通しているのが毛に微量の熱量を加えたことで、毛が活性化してしまいこのような症状がおこるのではといわれています。うぶ毛のように細い毛を施術したときに多く発生する肌トラブルです。

全身脱毛の危険性を高めるのは自分自身?

全身脱毛はすべての人に危険とは限りません!肌トラブルがおこりやすい人には共通点があり、肌質や健康状態さえしっかり意識すると危険な全身脱毛をせずにすみます。

乾燥肌

肌内部の水分量が少ないと、肌のバリア機能が低下し外部刺激を受けやすくなります。そのため、脱毛マシンで照射したときに強い痛みや炎症トラブルをおこしやすくなります。

施術後は乾燥肌がおこりやすいため保湿ケアなどをおこなうのですが、さらに乾燥肌を強くしてしまう恐れがあります。乾燥肌がヒドいときは、施術前から保湿ケアし肌を潤わせておきましょう。

日焼け

医療脱毛も脱毛サロンのどちらも、毛の黒い色素であるメラニンへ特殊な光を照射してダメージを与えます。日焼けして黒くなった肌も、紫外線をたっぷり浴びたことによるメラニン増加です。

肌が日焼けしてしまうと、脱毛マシンの光が毛だけではなく黒い肌にも反応しやすくなります。強い痛みのほか、ヤケドなどの心配もあるので全身脱毛するときは日焼けに気をつけましょう。

生理中

生理中はホルモンバランスが乱れているため、肌ダメージを受けやすくなります。この時期に全身脱毛すると、痛みや炎症など肌トラブルがおこりやすくなります。

とても危険であることから、医療脱毛や脱毛サロンの多くで「生理中はお断り」としています。VIOラインではないからバレないと、内緒で全身脱毛を受けるのはやめましょう。

前日に飲酒

アルコールを飲むことで血行がよくなり、肌全体の温度が高くなります。体温が温かい状態で強い熱を加えると、痛みやかゆみなどの肌トラブルがおこりやすくなります。

施術直後、一時的に脱毛した部分が赤く腫れ上がったり、毛穴部分だけ赤くなったりします。アルコールが抜け、体温が低くなると少しずつ赤みやかゆみがおさまります。

全身脱毛を受ける前にスタッフから注意事項で「前日のアルコールは禁止」と説明されますので、絶対に飲まないようにしましょう。

予防接種後

インフルエンザの予防接種などを受けると、ウイルス菌から体を守るために体内では抗体をつくる準備をします。そのため予防接種後、しばらくは体温が上昇したり、熱っぽさを感じることがあります。

この時期に全身脱毛を受けると、刺激を受けやすく施術部位が赤く腫れ上がってしまうことがあります。全身脱毛を受けたからではなく、これは予防接種を受けた後による副作用です。

予防接種後の施術日は医療脱毛や脱毛サロンによって違いますが、平均すると約10日後から施術の受付をおこなっています。ウソをついて全身脱毛を受けず、肌トラブルがおこらないようにしましょう。

全身脱毛の危険性はクリニックやサロンの選び方で回避できる!

全身脱毛は危険が多いと思われている方が多いのですが、クリニックやサロンの選び方さえしっかり気をつけると、より肌トラブルなど全身脱毛の危険から回避できますよ。

実績が多い

初めて全身脱毛をするなら「実績の多いクリニック・脱毛サロン」から選びましょう。全国に店舗がオープンしている、会員数が多いなどをチェックすることでわかります。公式サイトなどがあれば、かならず確認してから予約しましょう。

納得いくまでカウンセリング

クリニックや脱毛サロンによって、問診やサービス内容が違います。施術前にカウンセリングをおこない、肌質や健康状態などを確認することが多いのですが、こちらが納得するまでしっかり対応しているかもポイントの1つです。

全身脱毛といえばしばらく通うこととなるため、これまでのトラブル事例などさまざま聞いて、納得してから契約するようにしましょう。

また、お試し体験キャンペーンを利用することで、どのようなクリニックや脱毛サロンなのかがわかりやすいですよ。

アフターサービスや保証が充実

もし、全身脱毛を受けて肌トラブルなどがおきても、保証やアフターサービスがなければ泣き寝入りとなってしまいます。かならずアフターサービスなど、どのようになっているのか確認しましょう。

クリニックによる医療脱毛なら医師が携わるため安心ですが、脱毛サロンは医療免許のないスタッフです。脱毛サロンを利用するときは、ヤケドなど肌トラブルがおきたとき「医療と提携」しているか確認しましょう。

まとめ

実際に私自身も、全身脱毛を受けたいけど危険性が高いことから、積極的に通いたいとは思っていませんでした。でも、全身脱毛する前に肌や健康のコンディションを整えておくことで、危険から遠ざかることができるんだと知りました。

危険性が高い!と全身脱毛をしないより、毛を生やしておく方が女性として恥ずかしいことです。ここまで読んでいただいたことで、全身脱毛は危険という考えから少し遠のけたのではないでしょうか。

まだ心配な方は"お試し"で1回だけ体験してみるのもいいですよ。

人気記事

全身脱毛安い-東京 1

全身脱毛が安い東京の脱毛サロンを探して、申し込みしてみました! 東京は脱毛サロンが多いので選ぶのも大変ですよね。全身脱毛は総額で数十万円かかるので後悔しないようにしましょう。 ここでは管理人があなたに ...

-全身脱毛の解説
-,

Copyright© 全身脱毛の安いサロンin東京 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.